おすすめの【ミンチタイプ】【そぼろタイプ】はこちら!!

【激安】通販で手に入る安い大豆ミートおすすめ6選【コスパ重視】

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
激安 大豆ミート おすすめ 通販

高いイメージの大豆ミート。

少しでも安いものが欲しいと探しますが、すぐには出てきません。

商品選びの時に面倒に思うことがありますよね。こう思うはず。

結局「どこのメーカーの、何て商品」が安いの🤔??

安い大豆ミートをお探しの方も多いことでしょう。

ですが、精肉のように「海外産」などわかりやすく「安さ」に直結する文言が大豆ミートにはありません。

今回はたくさんの大豆ミートの中から安い大豆ミートでオススメできる商品のみを集めてみました。

こんな人向けの記事
  • 激安の大豆ミートをお探しの方
  • 大豆ミートを安く手に入れたいけど商品選びにお困りの方
  • 安い大豆ミートを購入するが商品選びを失敗したくない方

探しはしたもののメーカーが自分のメーカーをおすすめしているだけのページに飛ばされたりして、結局その商品が安いのかどうかわからないことがあります。

大豆ミートといっても形状が大きく分け3種類あるので、各形状ごとにおすすめの商品を紹介します。

スポンサーリンク

どのくらいが「安い値段」??

どのくらいが安い値段かピンときますか?

大豆ミートは販売タイプ・形状によって値段が少し違います。

増える「乾燥タイプ」の大豆ミートの安い値段を順にみていきましょう。

形状ごとの安い値段

今回は相場を理解しやすくするためにきりのいい数字で表を作りました。

形状100g以下100g500g1kg
ミンチ400円100円680円1300円
フィレ100円200円1500円2200円
ブロック100円280円1400円1700円

大容量サイズを買うことで1gあたりの値段を下げることができお得に買うことが可能。

購入するメーカーや内容量にもよりますが、これは大豆ミートという食品にも言えることです。

高い商品には送料も入っていることもあるため、一概に商品単体が高いというわけではありません。

メーカーによってはミンチを販売しているけど、フィレは販売していないというケースが珍しくありません。

100gあたりは?

購入するメーカーや内容量にもよりますが、理解しやすくするためにきりのいい数字で表を作りました。

以下の表は、安い商品の100gあたりの値段をまとめたものです。

形状100gあたり
ミンチ100~200円
フェレ200~300円
ブロック180~300円
ミンチ

1番安く手に入れることができる形状。

取り扱いのメーカーも1番多いので、様々な内容量の商品が販売されている。

フィレ

1番安く手に入れることができない形状。

取り扱いメーカーが1番少ないので、商品のバリエーションもその分少ない。

フィレ

形状にメーカーの差が現れることがあります。

国産大豆100%の商品が存在せず、大豆と何かしらの材料を混ぜがち。

安く入手するためには

価格は商品やメーカーによって若干の差はありますが、安い商品を手にするには抑えるべきポイントがあります。

ポイントは以下の通り。

  • 販売タイプ
  • 形状
  • 内容量
  • 買い方

選択肢をミスしなければ安く買えるよ。

1つずつ解説していきます。

大豆ミートで安さを求めるのであれば「乾燥タイプ」一択

販売タイプは「乾燥・レトルトタイプ」2パターンあります。

販売タイプによって特性がそれぞれ違います。

一番の違いは「増えるか」「増えないか」

乾燥タイプは水分を帯びることで焼く3倍程度に膨らみます。

きっちり3倍とはいきませんが、乾燥状態で購入した時の量と料理に使う時の量に違いが現れるのが「乾燥タイプ」

「乾物」と「常温の食品」「冷蔵品」「冷凍品」と並べてみても単純に「乾物が安価」というのは予想できますね。

増える乾燥タイプはもちろんコスパがいいです。どの程度いいのか?【大豆ミートのコスパを詳しく解説したページはこちら】

次に形状。

形状の中では「ミンチ」が1番安い

大豆ミートは形状が様々あり、作る料理によってその料理に適した形の大豆ミートを選択します。

ミンチの形状で作ることが料理としては「ひき肉を使う料理」。

常備菜にも使うことができるので、普段使いとしても良い選択になりますね。

買い方は「ネットショッピング」が最適解

野菜などの個体差のある食品や商品は、自分の目で見て買うのが安心で1番確かですよね。

もし個体差のない商品(飲料や日用品や缶詰などの食品)はお店に行って買わなくてもいけそうではないでしょうか?

大豆ミートもこの「個体差のない商品」にあたり、入手方法はネットショッピングが最適解と言えます。

注意するべきは送料。

安い商品には送料が含まれていないことがあるため、商品単体の値段のみで安いかの判断はできません。

送料を入れていくらなのかをしっかり確認して賢くお買い物しましょう。

最後の忘れてはならない「内容量」。

「1kg」などの大容量での購入でさらに安く入手

他の食材と同じで、まとめて購入することで1gあたりの価格を下げることができます。

1kgでの販売をしている商品は多くありますが、全てのメーカーでしているとは限りません。

ミンチは1番取り扱っているメーカーも多いのでバリエーションが多くありますが、フィレやブロックはそもそも取り扱っていないメーカーもあります。

メーカーにこだわるのもいいですが、安さを重視するなら、取り扱っているメーカーの中から選ぶのが現実的になってきそうです。

大容量サイズの商品をまとめた記事もあります。よかったらご参考に。

激安おすすめ商品

各形状のおすすめの商品を紹介していきます。

ミンチ・そぼろ

ミンチの安さの基準は「100gあたり100~200円

各形状のなかでも一番安く商品バリエーションの豊富な形状です。

商品単体ではさらに安い商品もあるのですが、送料が含まれていないことがしばしば。。

送料を考慮しつつ、安さをとりに行くため大容量の1kgのものを探してきました。

1kg換算だと、1000円~2000円が安い商品の基準。この商品がおすすめ。

1kg(※送料込み)で安い商品ならコレ!
¥1,500 (2023/12/19 18:16時点 | Amazon調べ)

確実に、もっと使うという方には「2kg」での購入という選択肢がさらにお得。

2kg換算だと、2000円から4000円が安い商品の基準。

とはいえ、2kgを扱っているメーカーはほぼありません。そこでこの商品をおすすめ。

2kgの基準しっかりクリアした価格

この商品からも安さを求めるなら大容量こそ正義とさえ言えてしまいます。

キロ単位の大容量での購入が一番お得。事実上の業務サイズにはなりますが。

1kg 以上の商品ならコレ!

1gあたりの単価を下げることができるのでより安く入手できますが、逆に言うと少量での購入は高くつくことがあるので注意しましょう。

とはいえ、たくさんはいらないという方もいらっしゃる。

そしてこう思うはず。

少量でも価格を抑えて入手するなら🤔??

少ない手出しで入手するなら、何オススメなのか。

少量から試したいという方におすすめです。

メジャーな食品メーカーであり、一定の信頼はおけるでしょう。

湯戻しすることで約300g程度になることが想定できます。

なので料理1回分の大豆ミートがほしいという方はこれを選ぶといいでしょう。

少量でも低価格で入手したいならコレ!
¥337 (2023/12/19 18:46時点 | Amazon調べ)

ですがやはり少量で購入することで少量の商品の中では安いものの、大豆ミート全体の中では安いとは言いづらい値段ですね。

お肉を買ったり、大豆ミート以外の他の食材をお肉代わりに使おうと考えるアイデアに傾きそうです。

乾燥状態だと日持ちがするので悪くなって捨てるということがありませんので、試しに安い大豆ミートを購入してみるのもいいかもしれません。

安さを重視するなら『乾燥ミンチの大容量一択』。1kgなどのまとまった量を送料を抑えつつ購入がベストです。

1kg(※送料込み)で
安い商品ならコレ!
¥1,500 (2023/12/19 18:16時点 | Amazon調べ)
1kg 以上の商品ならコレ!
少量でも低価格で
入手したいならコレ!
¥337 (2023/12/19 18:46時点 | Amazon調べ)

フィレ

フィレの安さの基準は「100gあたり200~300円」

フェレは値段が高めで、商品バリエーションが少ない。

しかし、各形状のなかでも使うことのできる料理が一番多いのがフェレ。汎用性を求める方におすすめ。

送料を考慮しつつ、安さをとりに行くため大容量の1kgのものを探してきました。

1kg換算だと、2000円から3000円が安い商品の基準。この商品がおすすめ。

1kg(※送料込み)で安い商品ならコレ!

大豆ミートの中で1番値段が高い形状のフィレ。

だからこそ、少しでも安く手に入れたい気持ちがあります。

しかし「食材」としては申し分ないポテンシャルを持っています。

「焼き」「煮込み」「揚げ」すべての料理法において使用できるという面では大豆ミートの形状の中で汎用性最強

薄切りのお肉の代わりに使用することが多いフェレですので、何に使おうか悩むことが少ないです。

勿論、大容量の購入が一番1グラムあたりの価格が抑えられお得です。

汎用性がある分、たくさんの量を使いきれるのかと言う心配は無用。

とはいえ、少しで間に合うという方もいらっしゃる。

そしてこう思うはず。

少量でも価格を抑えて入手するなら🤔??

少ない手出しで入手するなら、何オススメなのか。

少量から試したいという方におすすめです。

メジャーな食品メーカーであり、一定の信頼はおけるでしょう。

湯戻しすることで約300g程度になることが想定できます。

なので料理1回分の大豆ミートがほしいという方はこれを選ぶといいでしょう。

少量でも低価格で入手したいならコレ!
奈良恵友堂
¥346 (2024/05/21 11:57時点 | 楽天市場調べ)

汎用性の高いフィレの難点である値段も1kgなどのまとまった量で購入することで安く入手できる。

使える料理が多いことで積極的に使うことができ、使いきれないは起こりづらい。

1kg(※送料込み)で安い商品ならコレ!
少量でも低価格で入手したいならコレ!
奈良恵友堂
¥346 (2024/05/21 11:57時点 | 楽天市場調べ)

ブロック

ブロックの安さの基準は「100gあたり180~300円」

大豆ミートの料理ですぐに思いつくのが、やはり「唐揚げ」

1番連想しやすく、大豆ミートが1番使いやすい料理と言えます。

送料を考慮しつつ、安さをとりに行くため大容量の1kgのものを探してきました。

1kg換算だと、1800円から3000円が安い商品の基準。この商品がおすすめ。

1kg(※送料込み)で安い商品ならコレ!
中一素食店・健福
¥1,922 (2024/05/21 19:03時点 | 楽天市場調べ)

各形状のなかでも一番食べ応えがあるブロック。満足度の高いメインの食材になる大豆ミートを求める方におすすめ。

とはいえ、お試しで作りたい等たくさんはいらないという方もいらっしゃる。

そしてこう思うはず。

少量でも価格を抑えて入手するなら🤔??

少ない手出しで入手するなら、何オススメなのか。

湯戻しすることで約300g程度になることが想定できます。

なので料理1回分の大豆ミートがほしいという方はこれを選ぶといいでしょう。

大豆ミートにつきものな大豆臭を抑える狙いから、油を多く使った揚げる調理」がおすすめ。

大豆ミートが初めてという方は、メジャーな唐揚げに少量からチャレンジするといいかもしれませんね。

少量でも低価格で入手したいならコレ!
にじデパート楽天市場店
¥650 (2024/05/26 02:39時点 | 楽天市場調べ)

他の食材を混ぜることなく単体でメインの食材にすることが多く、1kgでも問題なく使えてしまいます。

コストを安くおさえつつ、ボリュームのあるメインのおかずになる材料をストックしておけると、普段の食生活も捗ることでしょう。

1kg(※送料込み)で安い商品ならコレ!
中一素食店・健福
¥1,922 (2024/05/21 19:03時点 | 楽天市場調べ)
少量でも低価格で入手したいならコレ!
にじデパート楽天市場店
¥650 (2024/05/26 02:39時点 | 楽天市場調べ)

高い大豆ミートと比較

スポンサーリンク

食材全般に言えることではありますが、質が良くなれば値段も上がります。

安い商品を紹介してきましたが、高い商品と比べてどんな違いはあるのか。

素材

安い大豆ミートは、

原材料」が「海外産」の場合があります。

高い商品は「無添加の大豆」や「国産の良い大豆」によって作られていることがあります。

とはいえ、国内に流通している大豆の多くは輸入品。全てというわけではありませんが。

輸入品の大豆

日本と外国では農作物を作るうえでのルールが異なります。

効率よく低コストで作ることができるため結果的に安く作れています。

海外のもの全てというわけではありませんが、素材の話題になるとやはり上がってくるのが「遺伝子組み換え」。

日本で流通している大豆の多くが海外産。

となると「遺伝子組み換え」の懸念がすぐに上がるのも自然な流れ。

実は我が日本は、遺伝子組み換えの作物を商業栽培されていない。

高い大豆ミート

原材料が「国産大豆のみ」というケースがあります。

「遺伝子組み換えではない」と表記することで、安全性をアピールしている商品もよく目にします。

輸入品の安い大豆より、高い国産大豆を使っているので高くなるというシンプルな仕組み。

遺伝子組み換え」てことは危険なの🤔??

気にしていない方は気にしていません。

遺伝子組み換えを「気にしない意見」
  • そもそも何が悪いのかが謎。
  • 安全であるデータもないなら、危険なデータもない。
  • 体に悪いものをあげていってた、改善すべきものは他にもっとあるでしょ。
  • 本当に危険なら、規制されてくるはず。
  • 豆そのものが体に必要なもので、産地より頻度や量を気にしたい。
  • 味噌とか醤油とかで、もう既に口にしてるので気にしない。

「遺伝子組み換え」を危険という認識をしている方が多くいますが、正しくは安全かどうかまだよくわかっていないというのが実際。

どうしても素材が気になる場合は、価格と原材料どちらもしっかりチェックしてから購入するのがいいかもしれません。

勘違いされる方がいますが、「輸入品」=「遺伝子組み換え」ではありません。

あり得る。可能性があるという話だということをご理解くださればと思います。

大豆臭

大豆ミートの価格に関係なく、大豆を使った製品全般にいえる問題。それが「大豆臭」。

大豆が原材料のため、大豆臭を100%なくすことは難しいです。

特に安い大豆ミートは、

大豆臭が落ちづらい場合がある。

高い大豆ミートは大豆臭が軽く、落ちやすい印象があり、ここに違いがあります。

となるとこう考える方もいるはず

安いのは不味いてこと🤔??

答えは「NO」安くても大丈夫です。

ただ、丁寧に湯戻しすることである程度はカバーはできますが、ややコツや慣れは必要です。

安い大豆ミートは大豆臭が落ちないというわけではなく、適切に下処理ができていれば十分おいしく調理することができます

安い大豆ミートの下処理の際は、より丁寧にポイントを抑えて行う必要があります。

おいしい戻し方のポイントをまとめたの記事も書いています。よかったら、ご参考に。

料理の仕上がり

スポンサーリンク
高い商品と安い商品の差

「風味」。これにつきます。

先ほども書いた通り大豆臭には「大豆臭」がつきものです。

高い商品にも大豆臭は勿論ありますが、落ちやすかったり軽い場合があります。

料理全般にいえること
  • 食材の良し悪しに関わらず、うまく料理をすることでおいしい料理にすることは可能。
  • 作る料理がシンプルであればあるほど、安い商品と高い商品の差は現れやすい。

いい意味でも悪い意味でも「ただ焼いただけ」などシンプルな調理では素材の「香り」や「舌ざわり」などの特徴が引き立ちます。

安い商品を使うにあたり

一工夫や一手間をかけることで安価で質がいいものではない場合だとしても十分においしくすることはできる。

しかしシンプルな調理には不向き。

作る料理に合わせ大豆ミートの形状を選びますが、それに加えて調理の方法によって使うメーカーを選ぶのも一つの手段といえます。

安い大豆ミートであっても、濃い味や油を多く使う料理であれば問題なく使用できます。

料理においてひと手間や省くことができないポイントが存在するように大豆ミートを扱う際もポイントや手段があります。

大豆臭を減らすための方法をまとめた記事もあります。よっかたらご参考に。

おわりに

今回はおすすめのコスパ重視の激安大豆ミートを紹介しました。

大豆ミートは高い印象はありますが、安い商品もちゃんと存在しています。

安い商品は安かろう悪かろうと思っている方もいますが、必ずしもそうではなく扱い方次第になってきます。

うまく調理することで安い商品特有の短所もカバーできます。

コストをおさえて食費の節約をしつつ、調理の仕方でおいしさをアップさせていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました