【国産】日本産大豆を使った大豆ミートおすすめ21選

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
国産 大豆ミート おすすめ

「国産の大豆ミートはお探しの方」・「遺伝子組み換えではない大豆ミートをお探しの方」へ

【大豆ミート】と聞くとマイナスイメージが先行することがよくあります。

「体に悪いのでは?🤔」「遺伝子組み換え大豆とか使ってるんでしょ?🤔」

国内産の大豆は遺伝子組み換えではありません。いわゆる遺伝子組み換えにあたるのは日本と栽培のルールが違う海外産のもの。

現在、我が国で都道府県が普及奨励している大豆の品種は、全て日本国内で育成された品種か、日本に古くから伝わる在来種です。 これらの大豆品種には遺伝子組換え技術は使われていません。

引用:農林水産省

とはいえ日本に流通している大豆は主に海外産。海外産の大豆で作られている大豆食品はたくさんあります。大豆ミートもその中の一つです。

「大豆ミート=遺伝子組み換え大豆で作られている」というイメージがあるのもわかりますが間違いです。

実は「国産の大豆ミートを販売しているメーカー」はいくつか存在します。

今回は国産の大豆を使って作られている大豆ミートのおすすめを紹介します。

スポンサーリンク

おすすめのメーカー

オーサワ

国内産大豆ミート
いろはのいえ
¥403 (2024/02/17 17:18時点 | 楽天市場調べ)
株式会社 ジャパンフーズ
¥464 (2024/02/17 17:18時点 | 楽天市場調べ)
大豆からあげ(玄米粉入り)
株式会社 ジャパンフーズ
¥450 (2023/12/14 18:46時点 | 楽天市場調べ)
有機家
¥697 (2024/02/15 21:18時点 | 楽天市場調べ)

自然食品や健康食品を店舗販売また通販にて販売しています。

食べ物だけでなく化粧品、雑貨の卸販売もしており、扱っているものは幅広いです。

国産の商品は大豆ミートのみではなく味噌や油など調味料もあり、国産の商品を求めている方も満足いく品揃えです。

商品ラインナップ

乾燥のみ。形状は「ひき肉風」「バラ肉風」の2種類。

ひき肉風は100g、バラ肉風は80gとそれぞれ1種類の容量のみ。

現在はパッケージが白ですが、以前は中が見える透明でした。

形状的にはブロックに相当する「大豆からあげ」という商品も存在。この商品は、海外産の大豆と国産の玄米粉によって作られている商品。容量は80g150g

大豆のみの大豆ミートの商品は意外にも少なめ。

栄養成分表
1袋あたりエネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
ひき肉風(100g)395kcal46.8g9g31.7g0g
バラ肉風(80g)318kcal35.7g6.1g30.3g0g
出典:オーサワジャパン公式サイト
100gあたりエネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
大豆からあげ347kcal47.9g2g34.4g0g
出典:オーサワジャパン公式サイト

かるなぁ

かるなぁ【まるごと大豆ミート】
PURE・HEART自然館
¥486 (2024/02/14 18:23時点 | 楽天市場調べ)
お〜がにっくしぜんかん
¥486 (2024/02/14 18:23時点 | 楽天市場調べ)
有機家
¥486 (2024/02/15 21:18時点 | 楽天市場調べ)
健康エクスプレス
¥470 (2024/02/15 21:18時点 | 楽天市場調べ)
株式会社 ジャパンフーズ
¥480 (2024/02/14 18:23時点 | 楽天市場調べ)
奈良恵友堂
¥486 (2024/02/19 08:56時点 | 楽天市場調べ)

実店舗もあります。自社の商品を企画、開発、販売しています。

調味料や飲み物、お菓子、サプリメントまで扱っています。

ベジタリアンの方向けの商品を数多く幅広く取り揃えており、自社の製品以外も販売していることでバリエーションがとても多いです。

商品ラインナップ

乾燥・冷凍。調理済みのレトルト商品もある。

乾燥状態の大豆ミートではいくつかシリーズが存在。

「大豆まるごとミート」「ソイミート」という名前のシリーズで販売している。

形状の名前の種類が多く、かるなぁでしか呼んでいない名前がいくつもある。

まるごと大豆ミート

大豆のみで作られた大豆ミート。

形状容量原材料
ミンチ100g・1kg国産
フィレ90g・1kg海外産
スライス80g・1kg国産
チャンク80g・1kg80g【国産
1kg【国産+海外産】
バラ肉80g・1kg国産
細切り肉90g・1kg国産
手羽先80g・1kg国産
ソイミート

海外産の大豆を使用している商品。大豆以外の植物性タンパクも使用しています。

形状容量
ミンチ150g・1kg
ワイルドミンチ1kg
スライス150g・1kg
唐揚げ200g・1kg
とんかつ150g・1kg
ビーフ150g・1kg

レトルトでは「ヴィーガンデリ」という名前のシリーズでハンバーグや焼き鳥風なども販売。

三育さんいくフーズ

三育フーズ
お米と自然食品 富永米穀店
¥486 (2024/02/19 08:56時点 | 楽天市場調べ)

植物たんぱく食品、ゴマ加工品などを製造・販売している会社。

お惣菜や調味料などベジタリアンの方向けの商品を広く扱っています。

商品ラインナップ

大豆と小麦を配合している商品が多く、乾燥・レトルトの商品を扱っている。

他のメーカーと違い缶で販売している商品もある。

大豆のみでの作られた大豆ミートの商品は乾燥タイプのみ。容量は90gと130g。

130gの商品は原材料がアメリカ産の大豆で、国産のものは90gの商品のみ。

栄養成分表(100gあたり)
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
100gあたり440kcal46.0g14.4g28.9g0.04g
出典:三育フーズ公式サイト

ハーモニーガーデン

ハーモニーガーデン
健康ショップ!メガヘルス
¥998 (2024/02/19 08:56時点 | 楽天市場調べ)

肉、魚、卵、五葷、酒を使わないプラントベースの菜食食材と扱っている会社です。

お惣菜や調味料を多く扱っており、非常食や雑貨も扱っています。

全体的にはベジタリアンの方向けではありますが、オーガニックの飲み物も扱っているので食に関心の高い方は惹かれる商品が見つかりそう。

商品ラインナップ

乾燥タイプのみ。ですが形状の種類が豊富。

「ファーマーズミート」「乾燥ソイミート」「国産大豆のミート」「大豆まるごとミート」という4つのシリーズで販売。

販売している形状は、ミンチ・ブロック・スライス・フィレ・ウィング(手羽先風)・こつぶ(小エビ風)とバリエーション豊か。

商品によって選べる容量が違う。

ファーマーズミート
形状容量原材料
大豆のミート(ミンチ)100g・200g・1kg・10kg北海道産
黒千石ミート(粗挽きミンチ 大粒)100g北海道産
国産大豆のミート
形状容量原材料
ウイング
(手羽先風)
90g・1kg・10kg国産
こつぶ
(旧小エビ風)
90g・1kg・10kg国産
大豆まるごとミート
形状容量原材料
スライス90g・1kg・10kg国産
乾燥ソイミート
形状容量原材料
ミンチ30g・100g・200g・1kg・10kg海外産
スライス30g・100g・200g・1kg・7kg海外産
ブロック30g・100g・200g・1kg・7kg海外産
栄養成分表(100gあたり)
ファーマーズミート(原材料:北海道産)
100gあたりエネルギーたんぱく質脂質炭水化物ナトリウム食塩相当量
大豆のミート(ミンチ)316kcal43.8g6.7g34.7g5mg0.01g
黒千石ミート
(粗挽きミンチ 大粒)
401kcal41.4g9.8g36.7g2mg0.01g未満
出典:ハーモニーガーデン公式サイト
国産大豆のミート・大豆まるごとミート(原材料:国産)
100gあたりエネルギーたんぱく質脂質炭水化物ナトリウム食塩相当量
ウィング
こつぶ
スライス
316kcal43.8g6.7g34.7g5mg0.01g
出典:ハーモニーガーデン公式サイト
乾燥ソイミート(原材料:海外産)
100gあたりエネルギーたんぱく質脂質炭水化物ナトリウム食塩相当量
ミンチ353kcal56.2g1.3g32.9g3mg0.007g
スライス351kcal56.8g1.5g27.6g0.4g
ブロック364kcal61.4g2.2g24.6g649mg1.6g
出典:ハーモニーガーデン公式サイト

コッチラボ

京都の企業です。自社の大豆食品の販売、大豆食品の商品企画をしています。

販売している商品は大豆チップスと大豆ミート。取り扱い商品を見るとほぼ大豆ミート専門店という印象をうけます。

商品ラインナップ

乾燥タイプのみ。

形状が多くあり、全部で8種類もあります。(ソイミンチ・ソイチョップ・ソイボール・ソイフィレ・プレミアムソイミンチ・ソイナッツ・ソイロール・ソイグリッツの8種類)

形状容量原材料
ソイミンチ1kg海外産
ソイチョップ1kg海外産
ソイボール1kg海外産
ソイフィレ1kg海外産
プレミアムソイミンチ180g1kg国産
ソイナッツ90g国産
ソイロール90g国産
ソイグリッツ180g国産
栄養成分表(100gあたり)
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物糖質食物繊維食塩相当量
100gあたり370kcal46.5g9.8g34.3g13.7g20.6g0g
プレミアムソイミンチ・ソイナッツ・ソイロール・ソイグリッツ

きめやか美研

美容に特化した食品やサプリメントを開発・販売している会社です。

印象としたは女性向けのメーカーであり、その中でも「質」にこだわりを持っている方向けであるといえます。

商品ラインナップ

乾燥ミンチのみ。容量は300gのみ。

栄養成分表(100gあたり)
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物糖質食物繊維食塩相当量
100gあたり346kcal42.6g8.0g37.1g14.6g22.5g0g
出典:きめやか美研公式サイト

吉粋きっすい

北海道の海鮮、肉類、野菜、珍味、スイーツ等を販売している会社です。

北海道の特産品を扱っており、特産品でかつ無加工の商品も多く扱っています。

乾燥野菜のジャンルで大豆ミートを扱っています。

商品ラインナップ

乾燥ミンチのみ。容量は100gのみ。

栄養成分表(100gあたり)
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物糖質食物繊維食塩相当量
100gあたり395kcal45.1g14.4g29.5g13.0g16.5g0g
出典:吉粋公式サイト

‎ダイホク

ダイホク【北海道大豆ミート】「ミンチ」
¥980 (2023/11/24 18:19時点 | Amazon調べ)
¥1,450 (2023/09/19 05:39時点 | Amazon調べ)
ダイホク【北海道大豆ミート】「フィレ」
¥980 (2023/11/24 18:25時点 | Amazon調べ)
¥1,580 (2023/09/30 16:41時点 | Amazon調べ)

乾物の製造・販売をしている会社です。

乾物のバリエーションは幅広くあり、その中に「ビーンズミート」という大豆ミートのシリーズがあります。

代替肉の商品の種類は少ないものの、容量のバリエーションがあるのはありがたい。

商品ラインナップ

乾燥タイプのみ。形状はミンチとフィレの2種類。

容量もそれぞれ2つずつ。

ミンチが200g300g、フィレは100g200gとなっています。

栄養成分表(100gあたり)
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物糖質食物繊維食塩相当量
100gあたり395kcal45.1g14.4g29.5g8g21.5g0g

ミンチ・フィレ成分は同じです。

ダイホクの大豆ミートのレビュー記事もあります。開封、湯戻しでの重さや大きさの増え方、実食してどんな感じかを記録しています。よかったら、ご参考に。

北海道産直フーズ

北海道産直フーズ
小樽産直倶楽部
¥2,480 (2024/02/19 08:56時点 | 楽天市場調べ)

海産物や漬物、キッチン用品などを販売している会社です。

会社は製造を主にしているのか販売しているページが多くありません。

商品ラインナップ

乾燥ミンチのみ。容量は1kgのみ。

豆・雑穀の専門店 すずや

豆・雑穀の専門店 すずや
¥2,240 (2023/11/22 20:18時点 | Amazon調べ)

雑穀、および穀物加工品の販売をしている会社です。

専門店ということもあり黒豆やウラド豆など様々な種類の豆を様々な量で購入することができます。

大きく加工されている商品は少なく、ぱっと見ただけでは大豆ミートを扱っているようには見えません。

「豆の専門店が扱う大豆ミート」というだけで素材以上の安心感があります。

商品ラインナップ

乾燥ミンチのみ。容量は200gのみ。

栄養成分表(100gあたり)
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物糖質食物繊維食塩相当量
100gあたり395kcal45.1g14.4g29.5g13.0g16.5g0g
出典:吉粋公式サイト

第一北海丸

第一北海丸
北海道の第一北海丸
¥1,800 (2024/02/19 08:56時点 | 楽天市場調べ)

北海道の海鮮や野菜などの取り扱い販売している会社です。

お取り寄せを推していて、送料無料のものも多くあり素晴らしいです。

取り扱っている大豆ミートは「北海道産ユキホマレ」という大豆が原材料。大豆ミートの中でも使っている豆の名前を押し出している商品は稀でこだわりを感じます。

しかしながら、第一北海丸のグルメは「the北海道」感があり海鮮とラーメンがメイン。

大豆ミートを扱っていることは多く知られていないかもしれません。

商品ラインナップ

乾燥ミンチのみ。容量は200gのみ。

国産の「ブロック」の大豆ミートは?

お気づきの方もいるかもしれません。

国産のブロックは??

様々なメーカーと形状を紹介しましたが、「国産のみで作られてブロック」を目にしなかったと思います。

現状では、国産の素材のみで作られているブロックの大豆ミートはありません。

国産の素材のみのミンチ・フィレはありますが、ブロックの塊状のものを国産だけのものによって作っているメーカーをまだ見かけていません。

国産の大豆が一番ですがまだないため、安心の素材を選びたい方は「有機栽培の海外の大豆ミート」という選択になってきます。

いわゆる「無添加」という商品ですが、こちらも十分に安全でおすすめできます。

無添加の大豆ミートについて詳しく書いている記事もあります。よっかたら、ご参考に。

おわりに

今回は国産の大豆ミートのおすすめを紹介してきました。

安い商品もたしかに魅力的ではありますが、味がダメで捨てることになったら話になりません。

価格は決して安いとは言えないとしても、おいしいのであれば無駄ではありません。むしろいい選択をしているといえます。

安い海外の商品は様々なところにありますが、「国産」というブランドは海外からの商品とは別の価値があります。

価格だけでなく、そのもの自体の価値をしっかりと見つめていきたいですね。

より多くの国産の商品が生まれて、さらにいいものが新しく販売されることにこれからも期待していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました