【衝撃】大豆ミートが体に悪い理由!対策は?

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
大豆ミート 体に悪い 理由

健康がとても価値のある時代。体に悪いは避けたい。

加工食品ということもあり、大豆ミートをはじめとする代替肉に対してと思うことがあります。

「大豆ミートは体に悪いのでは?🤔」

そんなマイナスイメージのある大豆ミートですが、普段の生活に取り入れている方も多くなってきています。

丁寧な生活、健康な生活、体に優しい生活。様々なテーマを持ちその生活にポジティブな影響を与える為に大豆ミートを取り入れています。

食品はプラスの面マイナスの面どちらもあり、知らないと健康に悪いこともあります。

そこで大切になるのが、

「なぜ体に悪いのか」

今回は大豆ミートの持たれている「マイナスイメージの理由」「本当に体に悪いのか」を解説します。

スポンサーリンク
「体に悪い理由」結論

接種するもの、接種の仕方が悪い

体に悪い「具体的な理由」
  • 添加物が入っている場合がある
  • 原材料に「遺伝子組み換え」が使用されている場合がある
  • 消化に悪い
  • イソフラボンの摂取しすぎが危険
対策
  • 【消化に悪い】➡ バランスのいい食事をする
  • 【添加物】➡ 材料として購入。自分で調理する
  • 【原材料に「遺伝子組み換え」】➡ 国産大豆を使用した商品を選ぶ
  • 【イソフラボンの摂取しすぎが危険】➡ 他の代替肉も取り入れる
スポンサーリンク

なぜ体に悪い?

添加物

商品によっては、「添加物」が入っている場合がある。

スポンサーリンク

大豆ミートと聞くと「添加物」という懸念がすぐに頭に浮かんできます。

確かに入っている場合はあります。

しかしながら、これについて少し勘違いした認識をしている方が多いです。

添加物は「全ての大豆ミートの商品に入っている」と勘違いしていませんか??

実は、調理前の大豆ミートのほとんどは添加物は入っていません。

大豆ミートの添加物が入っている場合とは🤔??

ハンバーグ・唐揚げなどの「調理済みのレトルト食品」によく入っています。

レトルトの調理済みの商品にはやはり添加物がつきものであり、避けるのが難しいです。

これは「大豆ミート特有のもの」ではなく「レトルト食品において言えること」

おそらくこの「添加物が入っていそう」というイメージは「大豆ミートが加工食品」だからという理由の方が多いと思います。

添加物が入っているかどうかを真剣に見定めて、購入する方もいらっしゃることでしょう。

漠然と添加物は体に悪いというイメージがあるのも事実。

一体どんな恐ろしいものが添加されているのか🤔。

大豆ミートに入ってる添加物についても詳しく書いた記事もあります。ご参考に。

遺伝子組み換え大豆

スポンサーリンク

遺伝子組み換えの大豆」が使用されている場合がある。

これに関しては大豆製品特有の問題です。

日本は大豆を原料とする食品が多くありますね(味噌・醤油・豆腐など)

しかしながら、国内で大豆をまかないきれていないのが実情です。

日本の「大豆」事情
大豆の自給率
  • 自給率が低い。
  • 海外からの輸入されてくる大豆により流通が支えられている。
大豆製品に関するルール
  • 表示のルールは改正がされることがある。
  • 全体の何%以下なら「入っていない」と表示してよいなどの規制や決まり事は、生産者や企業が決めることや変えることができない。

実はこの「遺伝子組み換え大豆」大豆製品自体に幅広く使用されています。

「遺伝子組み換えではない」という言葉をみることも特に何も触れていないこともどちらもあります。

そしてなにより、「味のみでは違いがわからない」のが実際ではないでしょうか。

食品において「安全」は不可欠で敏感な部分があります。

漠然と「遺伝子組み換え」=「体に悪い」というイメージが根強いです。

具体的に何が悪い🤔??

正しくは「完全に安全なのかよくわかっていない」をいうもの。

遺伝子組み換えを100%取り除くことも技術的に可能になったとしても、いわゆる大人の事情でこれが実現することはすぐには難しいでしょう。

大豆ミートのみならず、大豆製品全体と遺伝子組み換え大豆の関係はしばらく続いていくものと考えられます。

日本の食品に「大豆」は欠かすことができません。

大豆自体を避けるのが1番の策になりますが、現実的ではありません。

消化に悪い

スポンサーリンク

消化に悪い場合がある。

場合があるとは🤔??

食物繊維のみ」など、食事が偏ることで「消化が悪くなります」

精肉とは違い、代替肉は「作物」が原材料です。

大豆ミートの特徴の一つですが「食物繊維」が接種できます。

これはお肉にはない特徴であり、大豆ミートにおけるメリットです。

食物繊維はむしろ摂取しない方が弊害があります。絶対に接種すべき栄養です。

しかし「植物繊維のみ」だとどうでしょう。

実は野菜中心の食生活は一見体に良さそうですが、食物繊維に偏った食生活も体調を崩します。

普遍的に消化に悪いわけではなく、【偏り】が原因

食物繊維と聞くと野菜を連想でき、体調が整うように感じますが、大事なのは結局【バランス】。

食が偏ることで現れる弊害には個人差はあるものの便秘になったり等、胃腸に負担がかかります。

イソフラボン

スポンサーリンク

イソフラボン自体は健康によく、日常の中で度に接種することは体にとてもいいです。

適度じゃなく「過剰」だと危険が出てきます。

大豆ミートだけでなく、大豆商品全般に言えることになりますが注意が必要です。

接種しすぎると、、
  • 女性ホルモンのバランスに影響がある
  • 子宮内膜症や乳がん等になるリスクが上がる

イソフラボンは女性ホルモンに似ていて、特に女性は気を付けたいところ。

バランスのいい食生活になるように心がければ「摂りすぎ」にはなりません。

なぜ「あえて食べる人」がいる??

スポンサーリンク
海外では

実はヨーロッパなどでは、日本よりも代替肉が一般的。

日本のように「健康食」とか「意識高い系の食品」ではありません。

一方、日本では

精肉を食べるのがあたりまえ。

スーパーで取り扱っていないなんてザラ。

大豆ミートを食べている場合は「あえて食べている」「狙いを持って肉ではなく大豆ミートを選んでいる」ことが多いです。

どんな狙いをもって食べている🤔??

以下のケースが主に考えられます。

  • コレステロールの控えめな食事にする狙い
  • 食生活から精肉を減らしたい狙い
  • ヘルシーな食生活を徹底する狙い

コレステロールを抑えたい方

スポンサーリンク

精肉と大豆ミートの違いとしてコレステロールの違いがあります。

もし精肉でコレステロールが少ない部位を選ぶなら「脂身の少なく赤身の多い部位」でしょう。

具体的には「ロース・もも・ヒレ」あたりでしょう。

以下はコレステロールが低い部位と大豆ミートを比べた表です。

コレステロール
和牛(ヒレ.赤肉)66mg
豚(ヒレ.赤身)59mg
若どり(ささみ)66mg
粒状大豆たんぱく(100g)mg
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

大豆ミートは「豆」が原料の為コレステロールを含みません。

おそらく大豆ミートは健康にいいという漠然としたイメージはこれから来ていると考えられます。

適度に必要なものではあるものの、気を付ける必要がある方が多い世の中になりました。

美味しいものや動物性のものではコレステロールがは含まれていることがほぼほぼ。

「コレステロールのある肉」から「ノンコレステロールの大豆ミート」へとシフトするケーズは有効な策であり、単純に肉をたるよりも無理のない良い作戦といえます。

単純に肉を減らしたい方

スポンサーリンク

食は味の好みの他にも、メンタル的な事情や出来事により喉を通らなくなる場合があります。

ヴィーガンは思想強めのような考え方をする方もいらっしゃるのが実際です。

しかし思想ではなく原因があることもあります。

精肉を今までは当たり前に食べてきたが様々な理由や事情により、苦手になってしまったという方もいらっしゃいます。

動物愛護の観点など思想の変化をきっかけに、食を見直し精肉から代替肉へとシフトするケースがあります。

ヘルシーな食生活を送りたい方

スポンサーリンク

減量やダイエットということを目的にすることも多いですね。

ヘルシーな食材を探し大豆ミートにたどり着いてパターン。

カロリーは低いの🤔??

以下はヘルシーでおなじみ「鶏肉」と大豆ミートの栄養の表です。

鶏肉3種
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
鶏むね105kcal23.3g1.9g0.1g0.1g
鶏もも113kcal19.0g5.0g0g0.2g
鶏ささみ98kcal23.9g0.8g0.1g0.1g
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
大豆ミート
乾燥状態
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
粒状大豆たんぱく318kcal46.3g3g36.7g0g
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
湯戻し済み
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
粒状大豆たんぱく106kcal15.4g1g12.2g0g
※単純に上の表を3で割った値です

ヘルシーと言われている鶏肉と互角

ヘルシー食材として食生活に組み込んでいくのもいいでしょう。

しかし、こう思う方もいるはず。

じゃあ鶏肉でいいのでは🤔??

正解です。そのとおり。

ですが、この正解を実践できているのは何%くらいの方でしょうか。

減量をしようと思っている方へ

単調な減量メシでいやになったことはありませんか??

それがきっかけでチートdayを作り、最悪感をごまかしながらカロリーを接種した経験はありませんか??

鶏肉オンリーの減量メシだから続かないんです。あなたは悪くない。

鶏肉だけではカバーしきれない領域の料理も作れることで減量メシからくる心の負荷を軽減できることに繋がります。

実は大豆ミートは「様々な色・形」があり見た目が単調になりがちな低カロリーな料理を楽しくする力をもっています。

大豆ミートの基本的な形はミンチ・フィレ・ブロックの3種類ですが、実は派生形のようなものが数多くあります。

【牛肉の代わり】【豚肉の代わり】とピンポイントな代替商品が存在します。

大豆ミートの種類について詳しく解説した記事もあります。よかったらご参考に。

大豆ミートを健康的に摂取するには

スポンサーリンク

実態がわかると打つ手はありそうと感じますよね。

他にもあるかとは思いますが、今回は以下の策を紹介します。

対策
  • 国産大豆を使用した商品を選ぶ
  • 材料として購入自分で調理する
  • バランスのいい食事をする
  • 他の代替肉も取り入れる

詳しく見ていきましょう。

商品の選び方

スポンサーリンク

国産大豆を使用した商品」を選ぶ

日本に流通している大豆の多くが海外産ですが、全てというわけではありません。

安心がほしいなら、国産大豆を使用している商品を選ぶといいでしょう。

というのも、

遺伝子組み換えの作物を日本では商業栽培されていません。

結局は国産が一番。

そして「国産の大豆を使った大豆ミート」もちゃんと存在します。

「一例」ダイホク【北海道大豆ミート】「ミンチ」
¥980 (2023/11/24 18:19時点 | Amazon調べ)
¥1,450 (2023/09/19 05:39時点 | Amazon調べ)

「国産の大豆を使用した大豆ミート」を厳選して紹介した記事もあります。ご参考に。

商品を選ぶポイント

調理済みのものは避け「材料として購入」。自分で調理する。

添加物を添加するのにも目的があります。(品質を保つ等)

さらに言うとタダではなく、手間もかかっています。

レトルトの調理済みの食品は添加物を抜きで販売するのは難しいのが実際なので、添加物を避けたいなら自分で作るのが一番安心です。

好みの量、味付けで作れるのも魅力ですし、買う大豆ミートによっては精肉より材料代が安くなる場合もあります。

大豆ミートそのものの素材が心配な方は「無添加の大豆ミート」を選択するのも有効。

全体の商品から見たらほんの一部だし、どれがいいかわからないのだが🤔???

お任せください。おすすめの無添加大豆ミートについて詳しく書いた記事もあります。ご参考に。

食事への取り入れ方

スポンサーリンク

バランスのいい食事をする

当然すぎることですが、これにつきます。接種する食品が偏ることでいいことはありません。

他の食材と一緒にとることで消化に悪く胃腸に負担がかかることを対策できます。食物繊維以外も合わせて取るようにしましょう。

様々な食材をとることは大切ですが、「精肉」を食べる時には注意も必要。

精肉は代替肉よりも安くて安心で最高の食材と思い込んでいませんか?動物の肉が植物で作られた代替肉より安いことに不自然さを感じたことはありませんか??

決して無視できないある理由があります。詳しく解説しています。ご参考に。

イソフラボン過剰摂取を避ける術

他の代替肉も取り入れる

摂取する頻度をおさえるしかないというわけではありません。

大豆ミートの以外の他の代替肉も取り入れるという方法もあります。

一般的な代替肉と言えば「大豆ミート」。実はこの他にも代替肉が存在します。

具体的には「グルテンミート」。これは材料が小麦の為「イソフラボン」を含みません。

おすすめグルテンミート
¥2,268 (2023/09/27 15:45時点 | Amazon調べ)
¥1,361 (2023/09/27 15:47時点 | Amazon調べ)

グルテンミートについて詳しく紹介した記事もあります。ご参考に。

まとめ

スポンサーリンク
結論

体に悪いかは「接種するもの、接種の仕方次第」

身体に悪い理由
  • 添加物が入っている場合がある
  • 原材料に「遺伝子組み換え」が使用されている場合がある
  • 消化に悪い
  • イソフラボンの摂取しすぎが危険
対策
  • 【消化に悪い】➡ バランスのいい食事をする
  • 【添加物】➡ 材料として購入。自分で調理する
  • 【原材料に「遺伝子組み換え」】➡ 国産大豆を使用した商品を選ぶ
  • 【イソフラボンの摂取しすぎが危険】➡ 他の代替肉も取り入れる

おわりに

今回は「なぜ大豆ミートが体に悪いのか」を解説しました。

「大豆」という材料がもつ特徴から来る欠点ももちろんありましたが、それぞれの商品の選び方や摂取の仕方によりカバーすることができることも多くありました。

大豆ミートは精肉にない良さを持った食材でありますが、まだ馴染みがありません。

これから良い取り入れ方、ちょうどいい頻度や量がより知られ一般的な食材になっていくことを願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました