【基礎知識】 人工肉の特徴を解説

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

人工肉とは🤔??

話題のサステナブル食品「人工肉」。

この記事では、人工肉の基本的な特徴や生産方法について解説します。

さらに、人工肉が普及することで社会や経済にどのような影響を与えるかについても触れていきます。

スポンサーリンク

人工肉

そもそも『人工肉』とは

人工肉とは、「植物」や「細胞」などの素材を用いて生産する肉ことです。

「代替肉」とも呼ばれます。

近年注目されるようになったクリーンミートは、健康面や環境面、動物愛護に配慮した新しい食品として、ますますの注目を集めています。

動物性の食品を口にしないヴィーガンやベジタリアンの方、体の事情により精肉から人工肉へと切り替える方、食べ始めるきっかけは人それぞれです。

人工肉の種類

人工肉の種類は大きく分けて2種類。

  • 培養肉
  • 植物肉(植物性の肉)

植物性の肉には、別名が多くあります。

「ベジミート」「フェイクミート」「オルタナティブミート」「プラントベースミート」とも呼ばれます。

大豆で作られた「大豆ミート」、グルテンにより作られた「グルテンミート(セイタン)」も植物性の肉にカテゴライズされます。

大豆ミートの種類はさらに細かくあり、別の記事で詳しく書いてあります。よかったら。

人工肉の生産方法

人工肉には、大きく分けて2つの生産方法があります。

  • 「培養肉」動物の細胞を培養することで作る
  • 「植物肉」:植物性の原料を使用して作る
培養肉

動物の細胞を採取し、培養することで肉を作り出す技術です。

よって動物は必要不可欠。

動物を屠殺することなく細胞から肉を作る為、動物愛護の問題を解決できるとして、注目を集めています。

植物性の人工肉

大豆や小麦、豆腐、キノコ、野菜などの植物性の原料を加工して作られます。

これらの素材を加工して、肉の風味や食感を再現した製品が開発されています。

完成する加工品は、いわば「肉もどき」。

特徴

人工肉の最大の特徴は、動物を殺さず肉を生産できること

動物を屠殺することによる動物愛護の問題や、食肉の生産に必要なエネルギー消費や温室効果ガスの排出など、環境問題を解決する可能性を秘めています。

また、培養肉と植物肉にそれぞれ違った特徴があります。

培養肉
  • 動物の細胞がベースの為、動物性の食品に分類される。
  • ヴィーガン対応ではない
  • アレルゲンが動物の種類に由来する。
  • 栄養価は動物のものに由来する。
植物肉
  • 作物ベースのため植物性の食品だが、商品によって動物性の原材料が含まれている。
  • アレルゲンに「豆」や「小麦」が含まれる。
  • 低コレステロール、低脂肪、高たんぱく

2つとも同じ人工肉ではあるものの、違った特徴が多くあり別物といっていいほど違いがあります。

人工肉のメリット・デメリットについてまとめた記事もあるので、よかったら。

普及による影響

人工肉が普及することで、社会や経済にも大きな影響を与えることが予想されます。

社会問題

精肉と生産する畜産業は環境に大きな負荷がかかるとされています。

地球の人口が増えると消費の量ももちろん増え、負荷が大きくなることが予想されています。

環境問題の解決につながるとされる人工肉は、地球温暖化の防止や資源の節約など、地球環境を守ることに貢献することが期待されています。

また、動物愛護問題も解決することができるため、社会的な意義も大きいです。

現在の畜産において動物が搾取されることが多く、その問題を解決することも人工肉が担う役割の一つです。

労働力

精肉の生産においては、生き物を飼育するという労働力が不可欠です。

動物の飼育は機械のみの自動化にすることは難しく、労働力不足の問題も発生しています。

一方、人工肉は、扱うものが動物ではありません。

自動化された製造プロセスによって生産されるため、これら労働力の不足問題を解決する可能性があります。

課題

新しいものということもあり課題は多くあります。

現在の人工肉の製造には高コストがかかっており、製品は高値での販売されています。

価格を精肉と比べても、代替品の方が高いという現状が続いています。

また、人工肉はまだ一般的に普及しているわけではなく、一部の消費者にしか受け入れられていない現状です。

技術の進歩や生産効率の向上によって、今後はより低コストで製品を提供することができるようになる可能性もあります。

今後の人工肉の発展に期待が寄せられます。

おわりに

今回は人工肉の概要を簡単にまとめました。

新しい食品ではあるものの、少しずつチェーン店のメシューに登場したり店頭で見かけるようになったり徐々に広がりを見せています。

美味しく安く口にできる未来はそう遠くないと思います。

世界のどこでも食べることができるようになっていくことも予想でき、これからの市場の成長が楽しみです。

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました