【徹底比較】大豆ミートと鶏肉を比較

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
大豆ミート 鶏肉 比較

ふと疑問に思うこと。

大豆ミートと鶏肉、比べたらどうなんだろう🤔

どちらもなんとなく「ヘルシーな印象」はありますよね。

実は比較するとそれぞれは大きく異なり、それぞれの特徴と利点があります。

また比較することでそれぞれの魅力も改めて知ることができます。

この記事では、大豆ミートと鶏肉の比較を行い、それぞれの違いや優れている点・使い分けるポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

栄養素の比較

鶏肉

スポンサーリンク

実は流通している鶏肉は「親鳥」と「若鳥」が存在します。

普段スーパーによく並んでいるのは「若鳥」という産卵していない鶏。

精肉店などでは「親鳥」を取り扱っていることがあります。

今回の数値は一般的に一番口にする機会、食している人が多いであろう「若鳥」にします。

むね
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
105kcal23.3g1.9g0.1g0.1g
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
もも
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
113kcal19g5g0g0.2g
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
ささみ
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
98kcal23.9g0.8g0.1g0.1g
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

全体的に数値が大きく違うわけではありませんが、特に「ささみ」は低下カロリーです。

大豆ミート

大豆ミートは「粒状大豆たんぱく」という名称で栄養を確認することができます。

下の表は乾燥状態の粒状大豆たんぱくの数値です。

粒状大豆たんぱく(乾燥大豆ミート100gあたり)
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
318kcal46.3g3g36.7g0g
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

乾燥状態から水分を帯びることで重量は2~4倍になります。間をとり3倍(100g→300g)になったとして戻し済みの値もだします。

大豆ミート100g(戻し済み)
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
106kcal15.4g1g12.2g0g
※単純に上の表を3で割った値です

鶏肉と大豆ミートを並べたらこんな感じ。

スポンサーリンク
エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
鶏むね105kcal23.3g1.9g0.1g0.1g
鶏もも113kcal19.0g5.0g0g0.2g
鶏ささみ98kcal23.9g0.8g0.1g0.1g
大豆ミート(戻し済み)106kcal15.4g1g12.2g0g

カロリーは、互角。違いを上げるとしたら「炭水化物」の含有量。

一番気を遣うであろう「ヘルシーさ・カロリー」はどちらを選んでも申し分ないですね。

ただしこれはあくまで「素材の栄養素の量」。

ヘルシーさは結局【調理法】次第となってきます。ご注意を。

価格の比較

価格は選ぶ商品によって決まってしまいます。

上限を比べたら大豆ミートよりも鶏肉の方が高額のものがあるでしょう。産地や育て方など価格に関わるものが大豆ミートよりも多く、この先も変わらないと考えられます。

下限の方が生活においては身近。コスパは大切ですよね。

大豆ミートは高いというイメージがあるものの、実際は商品によります。安いものもある。

実は安さだけを重視し商品を選んだとしたら鶏肉と大豆ミートは「互角」です。

価格の比較を詳しくした記事もあります。よかったらご参考に。

優れている点を比較

スポンサーリンク
鶏肉
  • 入手が容易
  • 精肉ならではの「良質なたんぱく質」が含まれている
  • 形状がもともと塊の為、細かくして使ったり塊のまま使えたりと調理の幅が広い
  • 部位によって食感や味が異なり、作りたい料理に合わせて選ぶことができる
大豆ミート
  • 常温保存可能(乾燥タイプ)
  • 捨てるところがなく、生ゴミが出ない(廃棄率0%)
  • ノンコレステロール
  • 食物繊維を接種できる
  • カリウムが豊富(血圧下げる効果)
廃棄率コレステロール食物繊維総量カリウム
粒状大豆たんぱく(100g)mg17.82400mg
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

それぞれ見ていきましょう。

鶏肉

入手が容易

これは言うまでもありません。全国どこの地域でもどの時期でも流通している食材です。

大豆ミートになくて鶏肉にはある大きい差の一つです。

一般的な食材であり、近くで簡単に手に入るというのは安定的に供給されかつ手に入れやすい価格で流通している証拠です。

また、ふるさと納税品でも入手できます。入手方法が多い点も魅力。

よりお得に楽にたくさん手に入れることができるのはありがたいですよね。

オススメの鶏肉のふるさと納税

「良質なたんぱく質」を含んでいる

スポンサーリンク

鶏肉には「必須アミノ酸」が含まれています。

含まれているたんぱく質と必須アミノ酸のバランスが接種した時の吸収の仕方に大きく影響します。

鶏肉をはじめとする精肉にはこれがバランスよく含まれており、多くの種類の食材の中でも「良質なたんぱく質」と言えます。

吸収がいいことで単なるエネルギーではなく、体を作ることや細胞を修復することに使うことができます。

形状が塊で、幅広い料理に使える

これも当然ではありますが、もともと塊の方が様々な料理に使用できます。

【大は小を兼ねる】的なことになってきますが、ミンチにして細かくもできますし、細切りして炒め物、一口サイズに切り唐揚げ、大きいままでフライドチキンにもできます。

もともとが大きいと切ることで小さいサイズの食材にも変えることができるのは大きな利点です。

一方の大豆ミートは、大きいサイズでも一口大。さらに大きいサイズの食材のするとなると他の食材も入れてハンバーグなどの調理に限られてきます。

サイズの大きい調理や代用の効かないフライドチキンの再現を代替肉で行うのはもう少し先になるので、鶏肉の需要はこれからも安定していくことでしょう。

部位によって味や食感が違う

鶏肉をはじめとする精肉は味や食感が部位によって違うことも魅力の一つです。

表や数字では表すことのできない歯ごたえやジューシーさが精肉にはあります。

部位によっては「パサパサしているもの」や「固いところ」もある為、使う料理や調理法に工夫が必要な場合があります。

特徴を活かせば良さになることもあるのは、大豆ミートにない精肉ならではの特徴といえるでしょう。

大豆ミート

スポンサーリンク

常温保存可能

大豆ミートの強みはやはり「常温保存が可能」なこと。

もちろん乾燥・レトルト・冷凍と販売タイプがいくつかある中の「乾燥タイプ」に限りますが、販売タイプの中で一番バリエーションが多く手に入れやすいのが「乾燥タイプ」

購入した日に食べることもまとめて買い計画性をもって消費していくことも、運用方法を考えるうえで保存のしやすさがなくてはできません。生鮮食品にはない強みと言えます。

廃棄率0%

廃棄率
粒状大豆たんぱく(100g)
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

様々な食材がありますが大抵の食べ物は捨てるところがあります。生ゴミが出ます。

ですが大豆ミートは捨てることろなく全てを食べることができます。

捨てるところがないとなると無駄なく調理の使うことができボリュームを出すことができますね。

食べ物を無駄にしなくて素晴らしいもありますが、単純に考えて経済的

ノンコレステロール

コレステロール
粒状大豆たんぱく(100g)mg

大豆ミートは「豆」が原料の為コレステロールを含みません。

おそらく大豆ミートは健康にいいという漠然としたイメージはこれから来ていると考えられます。

適度に必要なものではあるものの、気を付ける必要がある方が多い世の中になりました。

美味しいものや動物性のものではコレステロールがは含まれていることがほぼほぼ。

メニューは変えず、食材を大豆ミートに変えるなどがオススメです。

食物繊維が接種できる

スポンサーリンク
食物繊維総量
粒状大豆たんぱく(100g)17.8
鶏むね
鶏もも
鶏ささみ
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

肉になくて、大豆ミートにはあるもの。それが「食物繊維」

大豆ミートを口にしている方は、食への関心や意識が他の方より高いと思いますので、食物繊維が不足しがちには陥りづらいとは思いますが。。。

食物繊維をとらないことで起きる弊害はなかなか大きく、普段の食事のバランスの重要性を痛感します。

【環境の為、地球の為に大豆ミート!】と主張する方をしばしば目にしますが、【自分の為に大豆ミートを口にする】で十分な理由になっているように感じます。

血圧を下げる効果あり

鶏肉
部位カリウムの含有量
むね370
もも320
ささみ410
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
大豆ミート
(乾燥状態)カリウムの含有量
粒状大豆たんぱく2400
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
(戻し済み)カリウムの含有量
大豆ミート800
※湯戻しして3倍の重量に増えた想定の値

カリウムには血圧を下げる働きがあります。大豆ミートにはカリウムが多く入っています。

鶏肉にも含んでいますが血圧を改善したいのであれば鶏肉を大豆ミートに変える選択もありですね。

カリウムが豊富というのも「大豆ミートは健康にいい」というイメージのもとになっていいると考えられます。

カリウムを多く含む食材は他にもありますが、料理の食材の一つとして大豆ミートを取り入れるのは血圧を下げる有効な手段の一つであると言えます。

マイナス点を比較

スポンサーリンク
鶏肉
  • 生ものの為、ダメにしてしまうことも
  • 生臭いケース有り
  • コレステロールを含んでいる
  • ホルモンフリーじゃないこともある
大豆ミート
  • 調理の際「洗う工程」有ることも
  • 添加物が入ってることも
  • 入手しづらい
  • 女性の大量摂取は注意が必要

鶏肉

生もの

鶏肉は生ものならではのマイナス点があげられるでしょう。

「動物の肉」なので加工をするか既に加工されたものでない限り早めに食べる必要がありますよね。

基本的に火を通して食べるので生臭さは抑えることができますが、生き物と生臭さは切り離すことができません。苦手な方は特に敏感に感じることでしょう。

コレステロールを含む

スポンサーリンク

動物性の食品全般にコレステロールが含まれていることも目をそらすことができません。

この言葉もよく耳にするようになり病院や健康診断でも気を付けるように言われている方も多いはず。現実問題コレステロールを断つというのがなかなか難しいですよね。

ヘルシー食品とはいえ鶏肉にもちゃんと入っています。

ホルモンフリーじゃないことも

これが一番のマイナス点に感じています。

日本ではやや認知度は低いですが「海外産の鶏肉」はホルモンフリーでない場合があります。

ホルモンフリーについて詳しく書いた記事もあります。ご参考に。

大豆ミート

洗う工程がある

スポンサーリンク

乾燥タイプの大豆ミートには乾燥状態から湯戻しする際に洗う工程があります。

この洗う工程を怠ると大豆ミート特有の大豆臭が残り「まずい。」と感じがち

美味しく食べる為には丁寧に洗うことが大切ですが、鶏肉のようにすぐに食べることができないのは乾燥商品特有のマイナス点と言えます。

大豆臭の少ない大豆ミートも存在しますがやや値が張ります。安い商品ほど大豆臭が強い印象。

冷凍やレトルトの大豆ミートを選べば洗う工程はありませんが、こちらもやはり値が張る。

低価格で大豆ミートを美味しく食べる為には「洗う工程」はつきものでひと手間かかります。

慣れてしまえば、なんてことありませんが、面倒に感じる方もいるのが事実です。

添加物が含まれていることがある

大豆ミートの商品には添加物が含まれている場合があります。

含まれているのが主に冷蔵の調理済み商品で、いわゆる「レトルト食品」

しかしこれは大豆ミートの食品に限った話ではなく「レトルト食品全般」にいえること。

食べている方はこれを知って購入しているのが実情かと思います。実際、お弁当や普段の食事、また備蓄には必要不可欠です。

ちなみに「乾燥タイプ」には添加物は入っていません。

大切なのは実態を知って適切な距離で付き合うこと。

どんなものな入っているのか、それは体に影響はあるのか等は知っておくのがいいでしょう。

大豆ミートの添加物について詳しく書いた記事もあります。ご参考に。

入手しづらい

これは言うまでもなく、店頭ではより見かけるかを聞かれたらNOですね。

野菜などの生鮮食品をスーパーに買いに行くついでや、手に取って商品を買うことがまだあまり出来ません。

ネットでの購入はしやすく便利であるものの、今日これから使いたいという方にとってはお店での品揃えは大きな問題。

これから徐々に店頭での商品が増えてくることを願いながら待つばかりです。

よく使うものはまとめ買いして多少ストックしておくのが得策でしょう。

女性の大量摂取は注意が必要

スポンサーリンク

大豆ミートの原材料は大豆のため「イソフラボン」を含みます。

イソフラボン自体は健康によく、日常の中で適度に接種することは体にとてもいいです。

適度じゃなく「過剰」だと危険が出てきます。

大豆ミートだけでなく、大豆商品全般に言えることになりますが注意が必要です。

接種しすぎると、、
  • 女性ホルモンのバランスに影響がある
  • 子宮内膜症や乳がん等になるリスクが上がる

イソフラボンは女性ホルモンに似ていて、特に女性は気を付けたいところ。

バランスのいい食生活になるように心がければ「摂りすぎ」にはなりません。

どんな人に向いているか

コレステロール値を気にしている方には?

スポンサーリンク
大豆ミート

普通の精肉にはコレステロールが含まれています。

一方、大豆ミートは「豆」が原料の為コレステロールを含みません。

普段のすべての食事から肉を除くのではなく、大豆ミートを取り入れていくという施策が現実的かつ再現性があるかと思います。

味付けや調理法によっては、肉を使った場合と区別がつかないこともあるので少しずつ試しながら生活に取り入れていくのがオススメです。

血圧を気にしている方には?

大豆ミート

血圧を下げるのに「カリウム」が良いとされています。

鶏肉と大豆ミートの含有量を表にまとめました。

鶏肉
部位カリウムの含有量
むね370
もも320
ささみ410
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
大豆ミート
(乾燥状態)カリウムの含有量
粒状大豆たんぱく2400
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
(戻し済み)カリウムの含有量
大豆ミート800
※湯戻しして3倍の重量に増えた想定の値

勿論カリウムは他の食材からも接種することができますが、鶏肉と大豆ミートと比較すると大豆ミートの方が多く含んでいることがわかります。

血圧を下げる「カリウム」を多く含む為、比較的に大豆ミートがオススメです。

減量をしている方には?

スポンサーリンク
どちらもオススメ!

ヘルシーさに関しては互角。気を付けるべきは「調理法」かと思います。

言うまでもありませんが大豆ミートなら揚げ物にしていくらでも食べても大丈夫とは言えません。鶏肉も大豆ミートも揚げたらカロリーは0じゃありません。「揚げ物を避ける」が正解のはず。

しかしながら、毎日ささみばかりの減量生活は続けていくのも大変。

アクセントやバリエーションをつけるという狙いでは「どちらも程よく取り入れる」のがベストではないでしょうか。

筋肉をつけたい方には?

鶏肉

動物性たんぱく質は大豆ミートでは接種できません。豆ですので。

ホエイプロテインなど豆からなるプロテインもある為、大豆ミートが筋肉によくないというわけではありませんが。

当たり前でいうまでもありませんが、体を作るには「バランス」が重要。

様々な食材を食べ、栄養を摂ることが大切なので鶏肉食べとけば完璧ではないですよね。

鶏肉・大豆ミートのどちらか一つを取るなら、鶏肉になります。

安く沢山手に入れたいなら、「ふるさと納税」ての入手がお得でおすすめです。

オススメの鶏肉のふるさと納税

食費を抑えたい方には?

スポンサーリンク
自炊なら大豆ミート外食なら鶏肉

大豆ミートは自炊と相性がとてもいいです。

自炊と相性のいい理由
  • 買いすぎてもダメにならない(常温保存可能)
  • 廃棄する部分がない
  • 安い商品は「激安の鶏肉」に匹敵する安さ

乾燥状態だと常温保存でき管理がしやすいので、買いすぎ買い忘れがしにくいです。買いすぎたとしてもダメになることがありません。どんな食材もせっかく安く買えても捨てることになったらお金を捨ててるのと一緒です。

また精肉には廃棄する部分があるのが当たり前ですが、大豆ミートにはこれがない。

「廃棄率0%」なのは食材的に素晴らしい。

安い大豆ミートを選べば、激安の鶏肉を同じレベルの価格に抑えることもできるのでコスト面でも優秀。

ただし、外食で大豆ミートのメニューを注文すると高くつくことがあります。外食ならむしろ鶏肉と方が安いです。大豆ミートのメニューはまだ全体的に高い傾向があります。

自炊の際にコストを抑えるなら【大豆ミート】の方がおすすめ」です。

大豆ミートのコスパについて詳しく書いた記事もあります。ご参考に。

おわりに

今回は鶏肉と大豆ミートを比較してきました。

それぞれに特徴がありプラスの面もマイナスの面もどちらもありました。

どちらの方がいいかはケースによって違い、その時その人にあった方を選択するのがいいでしょう。

全てを兼ね備えた食材はないので特徴や特性を理解して、効果的に生活の中に取り入れることでよりよい食生活へと繋げることができます。

「どちらかのみ」という考えより「どちらも選択できる」のが素敵ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました