【おすすめ大豆ミート】フィレタイプ・スライスタイプおすすめ6選

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

大豆ミートの「フィレタイプ」を販売しているメーカーがいくつもあります。

肉の代用として大豆ミートを使いたいけど、どうせ購入するなら失敗はしたくないですよね。

どの商品がいいんだろう🤔??

今回はおすすめの大豆ミートのフィレタイプを紹介していきます。

他のタイプと違い、料理への汎用性が高くて使いやすい形状ですよね。

精肉から切り替えても十分に美味しく、満足できるので自信をもって推せる食材。

購入や使用の際の参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ「フィレ」

フィレは、以下のメーカーの商品を紹介します。

  • NICHIGA(ニチガ)
  • アサヒ食品工業
  • マイセンファインフード
  • ダイホク
  • コッチラボ

NICHIGA(ニチガ)

動物性の材料は未使用、遺伝子組み換え大豆未使用、安心の国内製造の商品です。

他のメーカーとの違い
  • 商品は乾燥タイプのみですが、容量のバリエーションが豊富。
    • 80g・300g・700g・1.2kgと幅広くあります。
  • NICHIGAの商品は【ポジティブリスト適合品】であり、安全な商品。

【ポジティブリスト適合品】
こちらの商品は、当該制度に適合していることを保証しており、分析においても適合を確認しております。
※ポジティブリスト制とは、基準が設定されていない農薬等が一定量以上含まれる食品の流通を原則禁止する制度。こちらの商品は、当該制度に適合していることを保証しており、分析においても適合を確認しております。

出典:NICHIGA https://www.nichiga.net/shopdetail/000000000696/ct160/page1/recommend/
要約すると

ポジティブリスト = 品質や信頼性、安全性などの要素に基づいて厳選されたもの。

ポジティブリスト適合品 = 厳選されたものと使って作られた安全性の高い商品。

要は、高品質で信頼性があり、安全性も確保されている商品。安心して食べれます。

アサヒ食品工業

まめやのお肉
まめやのお肉(フィレ)パッケージ表面の画像
まめやのお肉(フィレ)パッケージ裏面の画像

【まめやのお肉】という商品を販売しています。

透明の部分が多いパッケージで中のフィレが開封前から確認できます。

中が見えるとどんな感じかわかり、ありがたいですよね。

やや小ぶりなのが印象的。他のメーカーと比べて、大豆臭はやや強め。

他のメーカーとの違い

安い。大豆ミートの中ではトップクラスの安さ。

¥2,150 (2023/09/30 19:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

実際に食べてレビューもしています。よかったらご参考に。

マイセンファインフード

販売されているシリーズ

「JOY GREEN」というシリーズを販売しています。

「ベジミンチ」「ベジフィレ」「ベジスライス」の3種類。

保存料・着色料を使用しておらず、安心して口にできます。

ちょうどいい量で、大豆臭も少なく調理しやすいです。やや厚みもあり食べ応えがあります。

他のメーカーとの違い

玄米が使用されて作られている。大豆100%でない為「大豆臭」が軽い。

癖がなく、サラダにも使用できる。

ヤマトライス
¥2,080 (2024/02/04 21:14時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ダイホク

北海道大豆ミート
北海道大豆ミート(フィレ)パッケージ表面の画像
北海道大豆ミート(フィレ)パッケージ裏面の画像

北海道の企業です。乾物の製造・販売をしています。

代替肉の商品の種類は少ないものの、北海道産大豆以外の原材料は一切使用しておらず質の高さが伺えます。

販売されているシリーズ

乾物のバリエーションは幅広くあり、その中に「ビーンズミート」という大豆ミートのシリーズがあります。

ダイホク ビーンズミート 北海道大豆ミート 
¥980 (2023/11/24 18:25時点 | Amazon調べ)
¥1,580 (2023/09/30 16:41時点 | Amazon調べ)
他のメーカーとの違い

北海道の大豆のみを使って作られた大豆ミート。素材がいいからか大豆臭が軽い。

実際に食べてレビューもしています。よかったらご参考に。

コッチラボ

京都の企業です。商品の開発や販売をしています。

販売されているシリーズ

「ソイフィレ」という商品を販売しています。大豆100%の商品です。

「コッチラボSOYシリーズ」という他の形状の大豆ミートも販売しています。

メーカー自身が推しているだけあり、ゴロっとしていて食べ応え・噛み応えがあります。

大容量の1キロでの販売なので、たっぷり使用したい方にオススメ。

おすすめ「スライス」

スライスは、以下のメーカーの商品を紹介します。

  • マルコメ
  • かるなぁ

マルコメ

ダイズラボ 大豆のお肉
味噌通販店 京都御苑東しま村
¥1,000 (2024/02/15 13:14時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
味噌通販店 京都御苑東しま村
¥700 (2024/02/14 19:38時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
販売されているシリーズ

「ダイズラボ 大豆のお肉というシリーズで販売されています。

以前は「フィレタイプ」という形状がありましたが、2023年から「スライスタイプ」という薄平たい形状が新登場しました。

「スライスタイプ」は乾燥タイプとレトルトタイプ販売されています。

「中華風フィレ」というタイプもあり、これで中華を作るととても美味しいです。

他のメーカーとの違い

レトルトタイプと言えば、ハンバーグやソーセージなどの調理済み(加工済み)のものが多い中、ダイズラボの商品は「調理前」のもの。

レトルトタイプ調理前の大豆ミートを扱っている数少ないメーカー!

乾燥タイプと違い洗うことなくそのまま使うことができ、手軽に使うのにとても便利です。

かるなぁ

お〜がにっくしぜんかん
¥486 (2024/02/14 18:23時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
販売されているシリーズ

「まるごと大豆ミート」というシリーズが販売されています。

他のメーカーとの違い

まるごと大豆ミートは「国産の大豆」を使用して作られています。

国産の大豆ということは「遺伝子組み換えではない大豆」ということを意味します。

似ている形状の商品

実は名前の違うものの、形は似ている商品はいくつかあります。

  • バラ肉
  • 薄切り
  • チキンスライス
  • ビーフスライス
  • ポークスライス

形はフェレの薄平たい形をベースにしていますが、色や暑さや質感などそれぞれ違った個性をもっています。

作る料理のイメージに合った大豆ミートがきっと見つかります。

大豆ミートの種類を詳しく解説した記事もありますので、ご参考に。

国産のおすすめは?

フィレ・スライスタイプの原材料が国産の商品は少ないです。

ですが、いくつかは存在します。

店頭での販売はほぼされていないと言って過言ではありません。

ネットでの購入となるとやはり懸念するのは「送料」。

送料の安いショップを探して参りました。

ぜひご活用下さい。

かるなぁ【まるごと大豆ミート】
お〜がにっくしぜんかん
¥486 (2024/02/14 18:23時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
健康エクスプレス
¥470 (2024/02/15 21:18時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
ダイホク【北海道大豆ミート】「フィレ」
¥980 (2023/11/24 18:25時点 | Amazon調べ)
¥1,580 (2023/09/30 16:41時点 | Amazon調べ)

おわりに

今回はオススメの「フィレ」を紹介してきました。

普段からよく使うとなるといいペースで減っていくと思うます。

自分で食べてみて美味しいと思うものに出会うのが一番いいかもしれません。

調理の仕方によって様々な料理に使えるので、やはり使いがったが良くて素晴らしい。

店頭にも徐々に並ぶ数が増えてきたらなお嬉しいなと感じるところでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました