大豆ミートのデメリットとは?人工肉の欠点・注意点・問題点を解説

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

なんとなくの抽象的なマイナスイメージを持っている方が多いように感じています。

結局のところ大豆ミートは、

具体的には「何が」デメリットなの🤔??

こう思ったことはありませんか??

世界中でこの「人の手で作られた肉」は常識になりつつあります。

昔からあった食品ですが、近年急激に注目を集めており近い将来日本でも常識となります。

問題点や注意点を理解しているのかわからないままなのかでは全然違います。

今回は認知度の低い食品である大豆ミートのメリットとデメリットまた注意点や問題点を簡潔に紹介します。

人工肉のメリット・デメリットは以下の通り。

デメリット
  • 風味
  • 価格が高い
  • 添加物が入っていることがある
注意点
  • すぐに食べれない
  • 栄養素が精肉と異なる
  • イソフラボンの摂りすぎ注意
メリット
  • 食物繊維が接種できる
  • ヘルシー
  • 環境問題に配慮
  • 動物福祉に貢献
  • 絶対ホルモンフリー
スポンサーリンク

デメリット

スポンサーリンク

デメリットは以下の通り。

  • 風味
  • 価格が高い
  • 添加物が入っていることがある

前提として、

大豆ミートは、精肉と味が違う

肉の代替品のため、肉の味がすると思っている方が一定数いるようですが、正直「味は肉味ではありません」

同じ代替品である「かにかま」には味も再現するためにカニのエキスを加えており、ほのかにカニ味。

一方大豆ミートは、ミートとは言ったものの肉エキスは入っていません。

もし肉の味を加えるとしたら調理段階でしょう。

食感は似ていることもあり、味付けをうまくすることで食材として肉の代わりを担うことは十分に可能。

肉にある独特の口に残る味がないので、味付け次第で肉が苦手な方も食べることができるとも取れます。

お肉が好きな方からしたら、パンチがなく主張が薄い。味気ない。

肉でよくする「焼くだけ」のようなシンプルな調理には不向きと言えます。

風味

スポンサーリンク

大豆製品ということもあり大豆特有の香り「大豆臭」がする。

大豆ミートの乾燥タイプには湯戻しする工程がつきもの。

うまく戻せないと大豆臭が取り切れず風味の悪い大豆ミートになってしまいます。

【調理の仕方もまだ一般的ではないこと】も味に課題をもつ原因の1つです。

大豆ミートを渡して「普通にいい感じに調理して」と言って適切にうまく料理できる方はどれくらいいるでしょうか。

課題の大豆臭は調理法によりカバーはいくらでもできますが、認知度は低そう。

そして、やはり食材。レトルト食品などはメーカーによって美味しさにかなり違いがあります。

おいしさは、味・風味・舌ざわり・食感・後味など総合的に判断しています。無意識に判定していますが、どれかがおかしいと「まずい」と感じるのが人間です。

各メーカーの商品の質にもよりますが、口に入れた時の味や風味に違和感を感じる方が一定数おり、多くの方の口に合うまでは時間がかかりそう。

「精肉に比べて匂いや味が弱い」と表現する方もいますが、むしろ肉にはない「大豆臭」の課題が大きいです。

実はこの「大豆臭」。改善策があります。

改善策と言ったら大袈裟ですが、食生活に取り入れている方は以下の方法をとっています。

  • 安すぎる大豆ミートを避ける
  • 大豆臭を戻す時ていねいに適切に戻す
  • 大豆臭をカバーする調理をする

正しく扱うことができないとデメリットになりえますが、

大豆ミートの特性を理解していたら、この「風味」は回避が簡単なデメリットです。

具体的な「回避方法」は🤔??

価格が高い

スポンサーリンク

精肉に比べて、価格が高い場合がある。

動物の細胞から作る培養肉は、技術的課題が残っており、精肉に比べて価格が高くなっているばかりではなく、食品として高すぎて実用化まではまだ時間がかかりそうです。

植物性の肉(大豆ミートなど)は精肉と比べて高くはあるものの現実的な価格。

一般的な消費者には手が届かない価格帯ではありませんが、精肉の方がはるかに安いです。

なぜ価格が高いか詳しく書いた記事もあるので、ご参考に。

安く購入する方法はないの🤔??

実はあります。

  • 単純に安い商品を選ぶ
  • 大容量の商品を選ぶ

大豆ミートも他の食品を同じく高いものから安いものまであり、まとめ買いによりグラム単価が下がります。

詳しく解説した記事もあります。よかったらご参考に。

添加物

スポンサーリンク

大豆ミートの製品に添加物は入っていることがあります。

「ハンバーグ・唐揚げなどのレトルト食品」によく入っています。

そうお気づきの方もいることでしょう。

大豆ミートのデメリットというより、「調理済みのレトルト食品全般のデメリット

レトルトの調理済みの商品にはやはり添加物がつきものであり、避けるのが難しいです。

漠然と添加物は体に悪いというイメージがありますよね。

一体どんな恐ろしいものが添加されているのか。

大豆ミートに入ってる添加物についても詳しく書いた記事もあります。ご参考に。

注意点

スポンサーリンク

大豆ミートの注意点として以下のことがあげられます。

  • すぐに食べれない
  • 栄養素が精肉と異なる
  • イソフラボンの摂りすぎ注意

すぐに食べれない

大豆ミートは「調理済みのレトルト食品」と「調理前の食材として売っている大豆ミート」が存在します。

レトルト食品であれば簡単な調理で食べることができ手軽にタイパよく食べることができます。

しかし食材としての大豆ミートに関しては販売されている商品の多くが「乾燥タイプ」

湯戻しをしてから調理する必要があり、精肉のようにいきなり焼くなどの調理に入れません。

乾燥タイプ以外にもすぐに使うことができるタイプもありますが、取り扱いメーカーが多くありません。

また、乾燥タイプよりも割高になっておりコスト面に影響がでてしまいます。

現状、食材としての大豆ミートは乾燥タイプが圧倒的に多いため湯戻しが必要ですぐに食べれないというケースが多いです。

タイパ重視 →【 湯戻し不要の大豆ミート】・【レトルト食品】

コスパ重視 → 【乾燥タイプの大豆ミート】

栄養素が肉と異なる

スポンサーリンク

大豆ミートは大豆の加工食品。当然ながら肉と栄養成分が違います。

原材料が「大豆」のため、必然的に肉よりも大豆の方に栄養成分は近くなります。

大豆ミートは、植物性のため動物性の食品とは入っている栄養成分が別物と言っても過言ではありません。

大きく違うのは、「タンパク質」

タンパク質には「動物性」「植物性」の2つがあります。

動物性のタンパク質を「良質なタンパク質」と表現することがあり、植物性のタンパク質とは違いがあります。

具体的な違い

タンパク質の【吸収効率】が違う

動物性だと95%以上、植物性だと80%越えるくらいの吸収。

約10%の差。長期間この差を続けていくと大きな差になる。

体を作るのが目的なら「どちらか」ではなく「どちらも」が正解

大豆ミートと精肉の栄養成分の違いについて詳しく書いた記事もあります。よかったらご参考に。

イソフラボンの摂りすぎ注意

スポンサーリンク

イソフラボン自体は健康によく、日常の中で適度に接種することは体にとてもいいです。

適度じゃなく「過剰」だと危険が出てきます。

大豆ミートだけでなく、大豆商品全般に言えることになりますが注意が必要です。

接種しすぎると、、
  • 女性ホルモンのバランスに影響がある
  • 子宮内膜症や乳がん等になるリスクが上がる

イソフラボンは女性ホルモンに似ていて、特に女性は気を付けたいところ。

バランスのいい食生活になるように心がければ「摂りすぎ」にはなりません。

メリット

メリットは何かあるの🤔??

スポンサーリンク
  • 食物繊維が接種できる
  • ヘルシー
  • 環境問題に配慮
  • 動物福祉に貢献

食物繊維が接種できる

食物繊維は意識しないと不足しがちなうえに、不足することで体に影響が大きいです。

下の表は料理によく使う鶏肉を大豆ミートの植物繊維を比較したものです。

食物繊維総量
粒状大豆たんぱく(100g)17.8
鶏むね
鶏もも
鶏ささみ
出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

肉になくて、大豆ミートにはあるもの。それが「食物繊維」

大豆ミートを口にしている方は、食への関心や意識が他の方より高いと思いますので、食物繊維が不足しがちには陥りづらいとは思いますが。。。

食物繊維をとらないことで起きる弊害はなかなか大きく、普段の食事のバランスの重要性を痛感します。

【環境の為、地球の為に大豆ミート!】と主張する方をしばしば目にしますが、【自分の為に大豆ミートを口にする】で十分な理由になっているように感じます。

ヘルシー

スポンサーリンク

精肉に比べて含まれている栄養素が違います。

植物性の肉は低コレステロール、低脂肪、低カロリーです。とてもヘルシー。

病院で「コレステロールに気を付けて」と言われたら、是非試していただきたいです。

健康に気を付けている方、ヘルシーな食生活を送りたい方に良い選択であるとされています。

栄養素について詳しく書いた記事もあります。よかったら。

環境問題に配慮

動物を扱う畜産業の問題に二酸化炭素排出量による環境問題があります。

一方、人工肉は動物を扱うことなく肉を生産できます。

畜産と違い植物を扱う為、二酸化炭素排出量が少なく環境問題に配慮することができます。

農業の延長線上にあるのがこの植物性の肉です。

もちろん作物にも土地や水が必要ですが、畜産よりも少なくすることができ環境にやさしい食料として期待されています。

動物福祉に貢献

スポンサーリンク

精肉は、動物の肉です。

動物を殺して生産されるため、動物の苦しみやストレスが問題視されています。

一方、人工肉は動物を殺すことなく肉を生産できるため、動物の苦しみをなくすことができます。

さらに未来の話になりますが、遺伝子操作などの手法により、殺処分が必要ない新しい種の生き物を生み出すこともできるようですが倫理的な問題など他の問題がでてくることがあります。

絶対ホルモンフリー

「ホルモンフリー」とは

成長ホルモン入りの餌を与えらずに育った「食肉」のこと

代替肉は絶対ホルモンフリーです。

代替肉は、原材料が生き物じゃない

餌が必要じゃない

成長ホルモンの入りようがない

【ホルモンフリー】

餌を与えずに生産できるのは代替肉ならではの強みであり、魅力の一つです。

培養肉も…

細胞から肉を生産する為、餌を必要としません(商品化はまだまだ先になりますが。。。)

つまり「抗生物質やホルモン剤入りの餌」を接種した肉を食べる恐れがないということ。

海外では…

ヨーロッパなどでは代替肉は既に日常的に食べられています。

海外で「ホルモンフリー」というワードは常識。

ちなみに日本に海外産の精肉が安い理由はホルモンフリーじゃないからです。ものによりますが。

「ホルモンフリー」詳しく書いた記事もあります。よかったら。

おわりに

人工肉のメリットとデメリットを紹介しました。

人工肉と精肉はそれぞれを比較すると違いが多くありました。

人工肉は食物アレルギーや宗教上の制限がある人でも食べられるので、多くの人に受けいれられていくでしょう。

新しいものならではの「開発・生産コストが高い、肉の味や食感を改善する等」の課題が残っているものの徐々にいい方向に向かうことも予想できます。

まだまだ開発途上の段階であり、技術の進歩や消費者の意識の変化などによって今後どう発展していくか注目です。

昔から存在する食品ではありますが、各メーカーが商品として販売し始めたのはここ数年。

おいしさへの追及は続いていくでしょう。これからの発展が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました